コピーライティング

セールスコピーライティング

マーケテイング施策を行う上で、非常に大切なスキルがコピーライティングです。

キャッチコピー

訪問者に読んでもらうためには

ミズーリ大学の研究結果
ホームページの訪問者は、ページを開いたらまず2.6秒かけて全体に目を通します。
そして、気になった部分に0.18秒だけ焦点を合わせて、じっくり読むか、次のパーツに
移るかを決めるのです。

つまりキャッチコピーで興味を持たせないと中身を読んでさえもらえないのです。

MeメッセージとYouメッセージ

キャッチコピーを変えただけでお問い合わせが4倍!
このような事が当たり前に起こります。

新成分”スーパーxx”配合。新生代の美容液誕生 新成分”1週間のご利用で、あなたの肌が10歳若返る美容液

例1)のコピーは成分をメインにして、商品が凄いと主張しています。
しかし、訪問者は成分に興味があるわけではありません。

例2)のコピーは、商品を使うことによって得られるメリットを伝えています。
見込み客は商品そのものに興味があるわけではなく、商品を使って自分が
どのようなメリットを得られるのか?そこに興味があるのです。

商品の特徴や機能を主張するメッセージを”Meメッセージ”と呼び、
それに対し、あなたにどのようなメリットがあります、と伝える
メッセージを”Youメッセージ”と呼びます。

キャッチコピーを変えただけで、お問い合わせが4倍!
これが”Youメッセージ”に変えた場合の効果なのです。

ページライティング

キャッチコピーで訪問者の興味を持たせ、いざ文章に引き込むには
やはり興味を持たせる文章から始める必要があります。

興味を持たせるために大げさな表現や、場合によっては嘘が
書いてあるページも見かけますが、訪問者も馬鹿ではありません。
訪問者からの信用を無くすだけになりかねません。

興味を持たせる文章とは、煽る文章を書くことではなく、
見込み客を理解した、その人に届くメッセージを分かり易く
書く事なのです。

デザインとは、メッセージを視覚的にも理解できるようにする、
それ以外の役目は無いと言って良いくらいです。

あなたのホームページを確認してみてください。
見込み客に伝えたいメッセージが分かり易く書かれていますか?
そのメッセージが伝わるようなデザインになっていますか?

<コピーライティング成功事例>

お問い合わせ

  • お問い合わせはこちら

IMC 上海

董事長:福澤信幸
平成元年 株式会社テプコシステムズに入社し原子力チームに配属される。
平成8年 PCサーバ製造販売会社「株式会社ネット工房」を設立。
平成17年 中国の将来に夢を託し、上海での生活を開始する。5年間IT企業の総経理を務める。
平成22年8月 IMC上海を設立