中国ネット関連情報

アメリカ電子商取引業者のマーケティング予算

2011年 アメリカ電子商取引業者の主要なマーケティングチャネル

Iresecarchはe-tailinggroupを通じて、2011年初頭アメリカ電子商取引小売業者158社の
調査データを見て次のように発表した。電子商取引業者は検索マーケティングに最も予算を
かけており30 %に達した。次に電子メールマーケティングの予算が16 %を占めた。
検索マーケティング(検索広告と検索エンジン最適化)合計は41 %にのぼった。

2011年アメリカ電子商取引業者のマーケティング予算配分

2011年アメリカ電子商取引業者のマーケティングの予算配分 (出展:iResearch)

Iresecarchの分析では、アメリカ電子商取引小売業者のマーケティング予算配分状況から、
アメリカのネットマーケティング市場は成熟しており手段も豊富であるとしている。
一方、検索エンジンは電子商取引小売業者の主流な集客方法となっており、検索広告とseoの
マーケティング予算配分はそれぞれ30%、11%、検索エンジンマーケティングが電子商取引
小売業者に最も受け入れられていることが分かる。
また、米国の莫大な一括送信メール、独特な商習慣環境を背景として、電子メールマーケティングの
商業的価値は馬鹿にできない。現在、中国では国内のEDM潜在力の発掘を待っている段階であり、
電子商取引業者は海外マーケティングを学び、経験し、中国のネットユーザに合ったEDMのあり方を
探求しだしている。電子商取引業者は、マーケティングの手段の多様化に伴い、「高い效率、低コスト」の
マーケティングを目標にしている。

—————- iResearch発表記事から —————–

弊社の無料メールセミナーを受けた人はお分かりだと思います。
顧客及び見込客のメールアドレスは企業の財産となります。
ただ、メールアドレスを収集するだけでなく、どのように アプローチするのかを
組み立てるのがマーケティングです。

最新のマーケティング(動画マーケティング等)を利用するに しても、マーケティングの
基礎が出来上がっていないと有効に 運用することが難しいと思います。

逆に、メールマーケティングを正しく理解した上で、新しい マーケティング手法(動画やSNS)を
取り入れれば、効果を 出すまでにそれほど時間がかからないでしょう。

表向きの手法はいろいろ出てきますが、マーケテイングの基本は、
少なくても50年以上変わっていないようです。

お問い合わせ

  • お問い合わせはこちら

IMC 上海

董事長:福澤信幸
平成元年 株式会社テプコシステムズに入社し原子力チームに配属される。
平成8年 PCサーバ製造販売会社「株式会社ネット工房」を設立。
平成17年 中国の将来に夢を託し、上海での生活を開始する。5年間IT企業の総経理を務める。
平成22年8月 IMC上海を設立